私が今住んでいる町で気が付くこと

外国人観光客のことを最近インバウンドと呼ぶようになったみたいです。
いつからの話なのでしょうか。
このことに代表されるように、日本人は和製英語を作る才能がある民族のようです。
そのくせ、英語を全然上手に話せませんが、その原因はどこにあるのでしょうか。
よくわかりません。
さて、インバウンドと言えば、私が今住んでいる町は観光都市であるためか、年がら年中外国人観光客であふれています。
冬の最低気温がマイナス5度になるのが当たり前のところなのですが、薄着の外国人観光客がたくさんいて驚きです。
ところで、観光客は、中国人をはじめとする、アジア系の人が主流のようです。
先日タクシーに乗った時、タクシードライバーさんと彼らのことで話が弾みました。
タクシーもよく使うとのこと。
その時、英語で話すようです。
タクシードライバーさんもそれに対応して英会話の学習をしているそうです。
外国人観光客の運賃も魅力ある収入源だから学習にも力が入るとタクシードライバーさんはニンマリでした。