スマホを持つことの悪い影響について

昭和50年代の大昔の話です。
校内暴力と言われる学校での不祥事が多発しました。
ネットの動画サイトを見ると、その当時の校内暴力をテーマにしたドラマがたくさんアップされています。
10代、20代のの方は、それらを見るとさぞかし驚かれるのではないかと思います。
学校の窓ガラスを壊す。
気にいらない先生を殴る、ける。
そんな事件がたくさん起こりました。
そして、今と同じようにマスコミが大げさに取り上げていたのを覚えています。
さて、最近はそんなことはないだろうと思っていたら、東京の高校で大昔と似たような事件が起こりました。
生徒が先生を挑発して、逆上した先生が生徒を殴りつける。
その一部始終がスマホで撮影されていて、動画サイトにアップされたと言います。
スマホを持つことは便利でしょう。
しかし、今までなくてもすんだモノをあえて持つ必要なんてないのだ、とこの事件を見て感じました。