いつも気にしていることをまとめてみた

今日は、洋服のことに関して、いつも気にしていることをまとめてみた。洋服とは、様々なポイントがある。あるタイプのシャツなら、何か所かの固定的なデザインがあるからだ。

この要件さえ満たしていれば、自分なりに好きなタイプのものとなる。ゆえにいつどこでも自分の好きなものが買えることになる。この点を良くまとめてノートに書いてみた。

実にたくさんある。イメージだったものを言葉にするのも大変だった。そして、まとめてみると実に安売りを探してみたくなってきた。自分の好きなものは、明確にわかるからである。過去には、少し価格帯の高い優良な商品が安売りのなかに混ざっていたこともある。

しかし、ノートにまとめることで、洋服とは、なんでもよいとも、思ってきた。こだわってみるほどに、こう思うようにもなってきた。ノートにまとめてみた後の自分の感じたことである。

デザインに価値があるように思えるけれども、実質的には、頑丈であることも大切である。大切に着ることも大切だ。テレビのCMを見ていてもおしゃれな洋服を着た人が映っている。

それでも、どんな洋服もよいと誰もが思っていることにもなる。正しい人とは、人の服装を否定しないからだ。人の服装を否定しないのは、対面だけの人もいるかもしれない。しかし、この正しさの部分だけが本質なのだと思う。ただ、他人に迷惑になるものは、別な感じにもなるかもしれない。こんなことを考えるようになったのは、ノートに書いてみたからである。実によかった。世界とは、よく見ているとこんなにも変わってくるものだとも思った。