夏用スーツを寒さにも負けないようにする!

私は、仕事用スーツについて思うことがある。若かりし頃、学生服の場合において、年に2回衣替えがあるだけなので、このことから、仕事用スーツも仲間入りを果たしたいと思っていた。

これにより、20代後半には、無敵の夏用スーツが完成した。スーツの下に、厚い下着のシャツ(裏起毛)とスキータイツを着用することで、寒さにも負けないようになってきたのだ。ということで、本日、私は、仕事帰りにスキータイツを買っていくことにした。

最近では、「爆暖(バクダン)」というものすごく温かさが維持できるタイツまであり、夏用スーツの無敵化は、拡充できるようになっている。夏用スーツの無敵化とは、年間を通じて同じ夏用スーツでも、困ることがない。こんな強さも、サラリーマンには、あってもいいと思っている。

私は、程よい厚さのスキータイツを購入した。今日は、スキータイツの特売が行われていたので、得している。スキータイツの特売とは、いつ開催されているかわからないことがあり、探すのに一苦労もしている。しかし、必需品には、かなわない。私は、苦にも思わずしっかりと探し出している。今日は、仕事のカバンと一緒に買い物荷物も、持っている。普段より、持ち物が、少し重たいことも間違えない。だが、なんとなく、気分がよいので、帰り道には、スキータイツを買ったおつりで、酒とおつまみまで買って帰ることにした。