必要以上の狭さの試着室

服を買う為に試着室へ入りました。試着室は最低限の広さしかないことは分かっていますが、ここの試着室の狭さはすごいです。服を脱ぐ時には気をつけているにも関わらず、両手を壁にどんどんと当たってしまいます。とにかく手足が思うぞうん部伸ばせない環境での服の着替えほど難しいことはないと、今回初めて体験しました。

もうこの試着室には入りたくないと思いましたが、まだ服が決まりません。やはりサイズはどうか、顔とデザインが似合っているかを確かめてから買いたいところです。もう一度入りましたが、案の定ぶつかりまくります。きっと外にいた人はなにをやってるんだろうと驚かれたに違いありません。

そんなことをしながらやっと欲しいフックが決まりましたが、決まったころには何だか汗だくになってしまっています。こんなに疲れた試着室、もう入ることはないことを願います。