給湯器交換の相場は場所によって異なる

もはや生活に欠かせない給湯器。その役割は多岐にわたり、お風呂を沸かすのはもちろんの事、キッチン、洗面所などお湯を使いたい場所では必ず必要となります。その熱源も様々で、一番メジャーなガス、電気、石油、珍しい所では太陽光を活用した給湯器もあります。

そんな便利な給湯器もいずれ寿命を迎えます。使い方や設置場所にもよりますが、おおむね10年前後が多いようです。ただ、メーカーによっては10年経過すると交換部品が製造終了してしまう事があるので、早めに交換したいものです。

給湯器交換時期の目安としては、給湯温度が安定しない時や湯量が少なくなった、または異音がする。このような事が発生したら恐らく交換時期でしょう。機器によってはエラーメッセージが出るものもありますので、あらかじめ説明書などで確認しておくことをおすすめします。
給湯器交換の相場や価格、費用に関する詳細はこちら

さて、気になるのは給湯器交換の相場です。給湯器の値段は様々で、追い炊き機能があるか、暖房機能があるか、フルオート機能があるか、で大きく変わってきます。一番安くても10万円以上はするもので、最も高価な機器になると40万を超えてきます。業者との交渉次第で割引もあるでしょうが、いずれにせよ、かなり大きな出費となります。

それに加え、作業工賃もかかります。おおむね3万円から5万円が相場の様です。その中にはガス結替費や給湯結び替費といった専門技能も含まれますので、見積を確認し、あまり安い金額だと少し不安です。出来るだけ多くの施工実績のある業者に依頼しましょう。出来れば住宅を建てる際の業者に聞いてみることをお勧めします。それならば技術もあり、家に合った業者を紹介してくれることでしょう。