不倫相手への復讐のために復讐代行業者が行う手口とは?

不倫関係のもつれや恋人の浮気などによって、別れた相手に復讐したいと考える人は大勢います。例えば、不倫によって離婚することになったとしても、現在の司法システムでは限界があり、離婚されたほうの配偶者は精神的な痛手だけでなく、経済的な痛手を受けます。こうした場合、離婚したほうの配偶者を恨むというのはよくあることです。では、そのようなときにどうすれば良いのでしょうか。泣き寝入りするしかないのでしょうか。そのような時こそ力になるのが復讐代行をする業者です。では、そもそも復讐代行とはどのようなことなのでしょうか。そして復讐代行業者とは何なのでしょうか。今日はそうした点を記したいと思います。

まず復讐代行業者はどのような人たちなのでしょうか。当然ですが、復讐代行業者には資格はありません。一般的には探偵が副業としてやっていることが多いです。なぜなら、復讐代行するためにはまず対象者のことをよく調査し、どのような方法で復讐できるかを調べる必要があるからです。では、復讐代行業者が使う復讐の手口とはいったいどのようなものなのでしょうか。

まず最初に挙げる方法は、インターネットを利用したものです。今はインターネットでプラバシーを晒すことができます。そして、こちらの身分を明かすことなく相手を中傷したり、精神的に追い詰めることができます。復讐代行業者は対象者についての中傷やプライベートを晒すようなことを行います。そして、その情報が検索の上位に来るように操作もします。こうした情報を本人が直接見ると非常に大きな精神的ダメージを受けるのです。

次に挙げる方法は復讐したい相手の友だちや交友関係の人物に本人を中傷するような情報を流すということです。こうすることによって、本人の周りは非常にネガティブなイメージを持つようになり、場合によっては友人関係に亀裂が入ります。本人からするとなぜ最近周りの人が自分を避けているのかわからず、それが精神的なダメージになります。理由がわからずに、自分のわからないところで、友人が離れていってしまうのは非常に大きなストレスです。

このようにいくつかの復讐の方法を記しました。復讐代行をするうえでは綿密な計画・調査と打ち合わせ、そして実行力が必要です。実際に優秀な探偵でなければ成功しません。