本当に超高齢化社会が到来ですね

世の中では、高齢化社会だと大きく報道されていますが、一度に大勢の高齢者と会うことがないと、数値上や周りに高齢者が多いなと感じるだけで、実体験としてはあまりなかったのです。それが、最近、早朝にウォーキングを始めてから、高齢化を実体験しています。朝の5時から6時にかけて、ウォーキングコースは、高齢者の団体ツアーでも来てるのかと思わせるほどに大勢の高齢者が早朝からウォーキングを楽しんでいます。

あまりの多さにビックリしています。私の近所でさえ、これだけの高齢者が存在してると考えると、日本国内では相当の数になります。たしかに、数値上で見たのと体験とが合致した経験です。普段は、自転車で移動することが多いので、市バスなどは使用しないのですが、先日、飲み会があったので市バスを利用して集合場所まで行くことにしたのです。そして、夕方の5時に市バスに乗ってみると、9割5分以上が70歳以上の高齢者です。もしかしたら、ほとんどが70歳以上かもしれないです。これは、私が若い頃には見かけたことがない光景です。あと、10年もすると超高齢化社会、スーパーメガ高齢化社会と言っても過言ではないです。