元気の出ないときには

今日は何だかお腹の辺りが重いです。

特におかしなものを食べた記憶はないので、何かでちょっと冷えたのかな?と思っています。

こんな日はあまり外に出る気が起きないので、家でゆっくりするに限ります。

温かいお茶を用意して、柔らかいクッションの上に座って、お気に入りの音楽を聞きながらゆったりまったり。

それだけのことが何だかとっても心地よくて、あ、少し疲れていたのかも?なんて気づいたりしました。

日々頑張ろうとしていると、時々自分が疲れていることがわからなくなってしまうんですよね。

そう考えると、体調の悪いときや元気の出ないときというのは、自分の今の状態を教えてくれる身体からのサインなのかもしれません。

頑張るのもいいけど、たまには休まないといけないよ……と、身体が私達に言っているような。

だからそういうときは無理をせず、心ゆくまで好きなことをして、しっかり休むようにしています。

そうすればまた明日から、身体と気持ちをリセットして頑張ることができますからね。

今日は熱めのお風呂に入ったら、ちょっと早くに寝ようかな。

そんなことを考えながら、美味しいお茶を楽しみました。