見られてなんぼの仕事が接客マナー

私は今の仕事につく前までは

ずっと接客の仕事しかしたことありませんでした。

そこで色々なことを学びました。

まず、基本の挨拶です。挨拶はきちんと

大きな声です。私は人前に出るのが苦手です。

大きな声が出せず怒られたこともあるくらいです。

人前に出て接客するならハキハキしていると

有利です。私も人見知りでしたが、それよりも

やる気が大事ですね。

そして、接客をする上でマナーについてです。

接客マナーとは、ただ品を運べばいいというもの

では無いのです。

話し方や、品の説明など細かなこともこなすのも

接客の仕事なんです。

いろいろと考えるとすごく細く決められているように

も思えますが、それが仕事なんです。

例えば新人のうちからこれの説明をして!とか

注文とってと、わからないうちから説明されます。

私もその時はアルバイトだったのでよく

わかりませんでした。焦りました。

逃げてしまうこともありました。もし、接客の

仕事をするならそういうのはしない方がいいです。

また、マナーについてよくきちんと先輩方に

聞いておくことも重要です。

次ですが、さっきも出てきた接客の時の話し方です。

話し方はどうしても自分の口調が出たり、客の態度が

うるさかったりすると、嫌気が差したり、

知らないし、って、正直投げ出したくなると思います。

それでも、人の印象は話し方は大事なのです。

話し方だけではない、服装身だしなみが整ってないと

いけないというのももちろんあります。

商売繁盛させるには接客マナー1つで変わることも

あると学びました。私は1つのことに集中すると

片方が抜けます。それで何度も注意されたりします。

それも全部こなすにはかなりの時間が要りました。

でも、お客さんが喜ぶことは店の商売繁盛にも

繋がるので出来る出来ないは正直求められます。

それが全てではないということを伝えたいのです。

接客は一生通る仕事です。

もし、今の接客が嫌なら自分なりに練習も良いでしょう。

それにお客様の時と従業員では話し方も違うと思うので。

あまり深く考えすぎは良くないですから。

今、接客の仕事をしている人は日々人と関わって大変

かもしれません。でも、一人じゃないのです。

相手のお客様は見ています。あなたの素晴らしい接客を

忘れないで下さい。