地震が起きる兆候に関する考え

大きな地震が起こる前に、多くの人で何らかの兆候が現れる事が信じられています。例えば大きな地震の前に奇妙な雲が現れていたり、犬の吠え方が普段よりも異常である事で普段よりも変わっているを感じる時に大地震に見舞われる場合が特徴的です。大地震は自然的な現象なので、予め予知を行う事は不可能です。熊本で大きな被害をもたらした地震でも、研究に関する学者は予知は出来ませんでした。断層がある地域の周辺は要注意ですが、いつ大きな揺れが起こるかは断定できません。

日本ではいくつかのプレートに乗って形成されているので、どこでも震度7クラスの揺れが起こる可能性があります。大きな揺れの数分前に携帯電話などに緊急地震速報が流れるようになって、大きな揺れに見舞われる前に安全を確保する態勢は整えられるようになりました。熊本で地震が起こってから情報などに惑わされないで、日頃から大きな地震に備えることは非常に大切であると感じました。揺れの兆候などの事を考えないで、最低でも1週間は生きていけるように水の備えを徹底したり、非常食を用意するなどで生き延びる意識を持っています。

それと火事場泥棒がかなり増えているようですので貴重品とかは注意したほうが良さそうですね。クレジットカードとか現金はあまり家に置かないほうがよいでしょう。