おどおどギャル店員さん

缶チューハイをスーパーへ買いに行き、昔懐かしいラムネ味を購入することに決めてレジに向かいました。レジには二十歳くらいのギャルっぽいお姉さんがいて、「若いのにスーパーでレジをするなんて偉いな」等と思って財布から小銭を出そうと小銭入れを探っていたのですが、どうもギャルお姉さんの様子がおかしく、おどおどわたわたして何か呟いていました。

まだアルバイトを初めたばかりで仕事に慣れていないから慌てているのかなと思い引き続き小銭を探っていると、「あの、とても若くみえるのですが」と小さな声で話しかけられました。全く予想していなかった唐突な一言に面食らって固まっていると、「あ、あの未成年ではないですよね…?!」と真剣な顔で聞かれて、思わず爆笑しました。

彼女は未成年に見えた私がラムネの缶をジュースと間違えて持ってきたのではないかと心配して聞いてくれたのです。もちろん違いますよと言うと彼女もホッとした顔でレジを通してくれました。人生であまり未成年に間違われたことがなかったので、ちょっぴり嬉しい出来事でした。