ロボット掃除機について

勤務している会社では製品を試作している大きなエリアがありますが、ロボット掃除機を導入して朝から晩まで自由に床を走り回っています。工場内の機密の多い場所でセキュリティーのため部屋内への出入り口がカードでしか出入りできないので、業者の人にお願いすることができず、職場の人達で導入する前は掃除をしていました。

床には埃や紙くず、部品などが落ちているので毎週掃除をしますが時間の無駄からロボット掃除機をいれた背景があります。毎週順番でロボット掃除機の管理をしますが、帰宅時に充電場所に戻ってきていないときは一大事です。

試作しているエリアは机や棚が多く配置されているので、その下にもぐりこんでいると見つけるの一苦労です。床にはいつくばって探しますが意外に気づきにくい色をしているので職場全員で探すことも珍しくないです。

一日の終わりに裏返してみると走行ローラーにゴミやテープが絡まっていることも珍しくなく、ロボット掃除機の日頃のメンテナンスの大事さと頑張り振りがわかります。